私から見た小さいサイズの服

私は、身長が167センチあるので、どちらかといえば背が高い方になるかと思います。

そんな私には、小さいサイズの服は残念ながら無縁です。

日本人女性の標準的な身長よりも高めなので、私が着る服はMサイズかLサイズです。

しかし、アパレルショップでSサイズの服を見ると、同じ服でもサイズが違うだけで可愛く見えてしまいます。

これは私だけかもしれませんが、学生の頃背が高いことをコンプレックスに感じていたため、背の低い人に対して憧れの気持ちを持っていたことから、そう感じてしまうのかもしれません。

この憧れの気持ちからか、ダイエットをして痩せた時に思い切ってSサイズのパンツを買ったことがあります。

なんとか無理矢理入りましたが、服のサイズに記載されているウエストのサイズはあくまで目安になっているようで、目安のサイズの人が無理なく着られる大きさだったため、私でもなんとかはくことができたのかもしれません。

しかし、やはり小さいサイズの服だったので、あまりはく機会がありませんでした。

小さいサイズの服といえば、SサイズやXSサイズを連想します。

そして、日本人の平均身長よりも背が高い私には無縁のサイズになります。

XSやSサイズは身長の目安でいったら140センチ代後半〜150センチ代半ばくらいだそうですので、そうなると私の場合は小学校の頃の身長になります。

小学校6年生の時点で160センチ以上あったので、もはや小学校の時ですら小さいサイズの服を着ることができなくなっていました。

150センチ代前半の背の低い友人とショッピングへ行ったとき、彼女が見る服のサイズは当然小さいサイズだったので、一緒に見ていてとてもかわいいという印象を持ちました。

同じデザインの服でも、サイズが小さいだけでなんだかかわいく見えてしまっていました。

私はSサイズに袖を通すことはできないのですが、ダイエットをしていた頃はSサイズに対しての憧れがとても強かったです。

そのためか、服のサイズが小さいだけで、私にはとってもかわいらしく見えて、そしてそれを着られる友人がうらやましくも思いました。

私がよく利用するサイトはこちらです。

小さいサイズの服が通販で買えちゃいます